会社方針

経営理念

「三愛の精神」
1.系列を愛する
2.取引先販売店を愛する
3.自社を愛する


社長挨拶

CEO


 私ども〈麻友〉は、創業以来135年の歴史を持つ日用雑貨・家庭用品の専門卸商社です。洗剤、化粧品、日用品などを中心に、今日まで「卸流通」を通して地域社会に貢献することをモットーとして努力を続け、現在では日用雑貨卸の中で国内10社に入るまでになりました。これも小売業の皆様はじめ、メーカー各社様のあたたかいご支援のお陰と心より感謝申し上げる次第です。

 ライフスタイルがめまぐるしい変化を続けるいま,卸商社に課せられた課題は、消費者の快適な毎日を実現させるために、流通のコーディネーターとして小売業の皆様とともに新時代の流通システムを築き上げて行くことです。さらに「製・配・販」の流通コストをトータルで削減し、魅力的な商品アソートメントを実現し、新しい需要を創造していくことであります。

 今後とも先輩の築いたこの歴史と伝統の上に、新しい価値観と、新しいエネルギーを注入し、常に生き生きとした創造的集団として、時代に挑戦して参りたいと念願しております。

 なにとぞ、〈麻友〉にご期待し、一層のご支援をたまわりたく、お願い申し上げます。


                               代表取締役社長
                                  清水 政弘


会社沿革

1881年(明治14年)
入間郡役所より営業許可書下付
1949年(昭和24年)
埼玉敷物株式会社 設立
敷物部門を分離
麻友商店として独立
1951年
麻友雑貨株式会社に商号変更
1954年
株式会社麻友商店に商号変更
1966年
株式会社麻友に商号変更
1968年(昭和43年)
上尾営業所開設
全家協設立
1970年
大宮営業所開設
1971年
熊谷営業所開設
1972年(昭和47年)
卸団地へ本社事務所と倉庫を移転
1973年
岩槻支店開設
1979年
ショールーム開設
1982年
NEC ACOS250導入
取引先とON-LINE開始
1983年(昭和58年)
本社シミュレーションルームMIC開設
1985年
NEC ACOS410導入
1987年
NECポータブル端末機にて受注活動開始
バラピッキングシステム開始
1988年(昭和63年)
新本社事務所建設開始 (8月完成)
NEC ACOS3300導入
商品情報センターMIC開設 スペースメイトマークⅡによる棚割システム稼働
新総合物流センター業務開始
1989年(平成元年)
共同受発注システムMIGA EOS稼働
情報誌「Hot'nHot」発刊
シールピッキング検品システム開始
1992年
NEC ACOS3300 M20,M85Nによるマルチホスト処理稼働
1993年
麻友エース株式会社 分離独立
埼玉中央卸商団地の名称変更「川越バンテアン」に
1994年(平成6年)
MICにスペースメイトスーパーⅢ導入
1995年
MIGA EOS加盟店500店達成
2002年
清水政弘社長 麻友エース株式会社社長に就任
無線ハンディーターミナルでのピッキング開始
2003年
5代目 清水政弘社長
2004年
清水俊吉会長 全卸連会長に就任
2006年
清水政弘社長 中央ホームズ取締役に就任
2008年
清水政弘社長 全家協副理事長に就任
2009年 
清水政弘社長 埼玉県卸組合理事長に就任
清水政弘社長 ㈿川越バンテアン副理事長に就任
2014年
新倉庫設立
2015年
RGC株式会社設立